読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

エドワード・ズウィック監督の「レジェンド・オブ・フォール」をみて

f:id:kawaiimuku:20151009122023j:plain

 

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.982

 

 舞台は第1次大戦前後をアメリカのモンタナ州の牧場。元大佐のアンソニー・ホプキンスに3人の息子がいてこれにジュリア・オーモンドという女がからんで運命的な悲劇を形作る。

 

 文明に馴染まずに生きる次男の野生児を演じるブラッド・ピットが最後にヒグマと格闘して死んでゆく姿が哀れ深い。

 

 

  「沖縄の皆さん方には恐縮ですがこの端金で何卒宜しく」 蝶人

岩波文庫版『石垣りん詩集』を読んで~これでも詩かよ第167番

f:id:kawaiimuku:20151009094407j:plain

 

ある晴れた日に第361回&照る日曇る日第845回

 

 

詩集を贈呈された者は、けっして古本屋に売ってはならない。

贈呈した詩人が、回り回って手にすることがあるからだ。

のみならず、それが詩に書かれて、一生物笑いの種にされることもあるからだ。

 

岩波文庫版の『石垣りん詩集』のなかに、『へんなオルゴール』というへんな詩がある。

「歴程」夏のセミナーに出席した詩人が、見知らぬ紳士からサインを求められる。

それは『表札など』という彼女の代表作のひとつだった。

 

「サインせよ とはかたじけない」*と喜んだ詩人だったが、開いた扉に一枚の名刺。

見れば「丸山薫様 石垣りん」と自分の筆で書いてある。

敬愛する偉大な詩人に送った詩集が、古本屋に並んでいたというのである。

 

「ひとりの紳士が1冊の本をひらくと

 丸山薫さま 石垣りんです。

 と明るいうたがひびき出す。」*

 

「どうしてうらんだり かなしんだりいたしましょう。

 売って下さったのですか 無理もないと

 それゆえになお忘れ難くなった詩人よ。」*

 

などと無理やり陽気にふるまおうとするものの、

そのとき彼女のはらわたは、煮えくりかえっていたに違いない。

だからこの詩を書いたのだ。

 

東京品川の糞尿臭い十坪の借家に、祖父と父と義母と二人の弟と住み続け、

たった一人の女の二本の細腕で、六人の暮しを支え続けた石垣りんは、

毎日のように押し寄せてくる詩歌集を、ただの一冊も捨てなかったのだろう。

 

詩集を贈呈された者は、けっして古本屋に売ってはならない。

贈呈した詩人が、回り回って手にすることがあるからだ。

のみならず、それが詩に書かれて、一生物笑いの種にされることもあるからだ。

 

             *石垣りん『へんなオルゴール』より引用

 

 

 町内の知人の家に門ごとに皇帝ダリアを植えて逝きし老人 蝶人

 

スパイク・リー監督の「インサイド・マン」をみて

f:id:kawaiimuku:20151009093514j:plain

 

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.982

 

 処女作の「ジョーズ・バーバーズ・ショップ」でファンになった監督だが、「ドウ・ザ・ライトシング」で覚えた違和が「マルコムⅩ」で増殖し、そういうゆわゆる反体制映画ばっかり作るのかと思っていたら、2006年製作のこの映画では、ちょっと風変わりな、でも結局は旧態依然たる反体制映画をこさえてしまっている。

 

 それにしてもあんな手弁当ローコスト映画しか撮れなかった人物が、デンゼル・ワシントンジョディ・フォスターなどの大物俳優を起用できるとは出世したものだ。

 

  二度までも自転車を盗まれし少年の暗き心を思いみるべし 蝶人

 

五味文彦著シリーズ日本中世史①「中世社会のはじまり」を読んで

f:id:kawaiimuku:20151006160402j:plain

 

照る日曇る日第844回

 

 現代日本の核を作った中世の歴史を3分冊で見直そうとする試みの第1回です。

 

 中世史を100年ごとにぶった切り、1)1068年の御三条天皇即位(院政時代)、2)1167年の平清盛太政大臣就任(武家政権)、3)1268年の蒙古国書到来(東アジア世界の流動)、4)1368年の応安の半済レ令(公武一統)の4期に分けて、それぞれに「家」、「身体」「職能」「型」という「思潮」を見出して特徴づけるという手法はきわめて斬新で、なんだか初めて中世という時代に向き合ったような気がしました。

 

 第3章では荘園の免除特権を否定して国の支配を強めようとする受領・国衙と、朝廷・院からの免除徒権を獲得して荘園支配を強めようとする荘園側の衝突が生々しく描かれていますが、その後勃興した武士階級は、その間隙を守護・地頭として介入することによって、独自の政治的経済的権益を確保していったのです。

 

 本書には「徒然草」の著者、吉田兼好も登場します。

 

 彼は14世紀の初頭に鎌倉に下って金沢(今の金沢八景、六浦付近)に滞在していたようですが、朝夷奈峠を上り下りして鎌倉に入り、119段の「鎌倉の海に鰹という魚は」というトピックスなどを観察したあの兼好法師が、私の自宅の近所にある朝夷奈峠を何度も行き来していたと聞くと、にわかに「徒然草」の世界が身近に思えてきたことでした。

 

 

「正論だね」と上司が称えしわが提言その後いったいどうなったのか 蝶人

河出版「日本文学全集03」を読んで

f:id:kawaiimuku:20151006160319j:plain

 

照る日曇る日第843回

 

竹取物語」の現代語訳を森見美山彦、「伊勢物語」を川上弘美、「堤中納言物語」を中島京子、「土左日記」を堀江敏幸、「更級日記」を江國香織がそれぞれ担当している。

 

森見の「竹取物語」と江國の「更級日記」は比較的オーソドックスな置き換えで素直に鑑賞できる。川上弘美の「伊勢物語」は切れ味鋭い散文詩のようで見事。

 

30段の出てくる「逢ふことは玉の緒ばかり思ほえてつらき心の長く見ゆらむ」を「一瞬 恨みは 永遠」とやっつけるなんて他の誰に出来るだろう。

 

中島京子は「堤中納言物語」の和歌すべてを現代短歌にほんやくするという離れ業を見せてくれる。

 

例えば、「おぼつかな憂き世そむくは誰とだに知らずながらも濡るる袖かな」を「なぜかしら 出家なさるはどなたかを知らぬながらももらい泣きする」と、鮮やかにまとめてしまう。 

 

パチパチ! これがどれほど大変か、君も一度やってみればよく分かるだろう。

 

が、堀江敏幸の土佐ならぬ「土左日記」は藤原定家による外題付きの写本に拠っていて、「土佐日記」のかな文字と紀貫之になりきった堀江の仮名漢字混淆文の「土左日記」とが入り混じっているので、読みにくいばかりか何が何やらわからぬ判じ物になっている。

 

 堀江は、貫之の内面を想像してその空想的な文章を前段に置き、本文は定家本の字面に似た文字列を並べ、そこに貫之が適宜自注を施していくという一種の「メタフクション」を目指したとかほざいているのだが、んなこたあ誰も頼んじゃあいないぜ。

 

 どうして森見選手のように「原文にない事柄はできるだけ補わない」やり方で淡々と現代語訳しなかったのだろう。それがいやなら本巻とは別の書物でそういう試みをすれば良かったし、こういう勝手な振る舞いをまかり通らせている編者池澤夏樹にも問題なしとしない。

 

 

     早大の学費学館半世紀絶叫はせず黙して偲ばむ 蝶人

Les Petits Riens ~三十五年もひと昔

 

 

蝶人五風十雨録第9回「十二月三十日」の巻―そんな私のここだけの話 op.224

 

 

1981年12月30日 水曜 

妻は扁桃腺が腫れているがおせちづくりに忙しい。長男次男は少し風邪気味なり。

 

1982年12月30日 木曜 

妻、風邪で倒れる。

 

1983年12月30日 金曜 小雪降る 寒い

夜、家郷より電話あり。祖母悪し。妹悪し。

 

1984年12月30日 日曜 

家に居る。向かいの家より長男のピアノに対して苦情あり。妻憔悴す。直ちに戸塚の調音師を呼びて防音処置を施す。

 

1985年12月30日 月曜 はれ

家でごろごろ。こんなに暖かな晦日も珍しい。

 

1986年12月30日 火曜 はれ

依然として寝込む。本日VHSハイファイHQビデオ到着。サンヨー製13万5千円をヤマギワ藤田氏の斡旋にて7万六千五百円で現売してもらう。防衛費ついにGNPの1%を突破。

 

1987年12月30日 水曜 晴 暑

なにやら不気味な暖かさ。地震の予兆なるか。吉田拓郎の「アジアの片隅で」に感銘を覚える。今年みた映画は合計198本也。コロンビア本間氏の斡旋にてデンオンプレイヤーDCD1500、9万9千円を4万9千8百円にて購入。

 

1988年12月30日 金曜 晴 

亮ちゃんが正月は来れぬかわりに今日来てくれる。一緒に「不思議なおうち」まで散歩し、紅葉とシダを採取す。お正月の飾りなり。LDにてクライバーの「こうもり」鑑賞するも歯の具合悪し。長谷川法相リクルート献金で辞任す。

 

1989年12月30日 土曜 はれ あたたか

少し家事を手伝う。ムクと次男とで熊野神社まで散歩。長男は依然風邪気味で5キロもやせた。「ル・クール」2月号の原稿書く。今年は良くない年だった。

 

1990年12月30日 日曜 はれ 

妻は買い物。余はムクと散歩して昼寝してから「都市とファッション」についての依頼原稿を書く。

 

1991年12月30日 月曜 はれ 

大船で妻のイヤリング、カセット、靴下、安永さんへのお返しの鳩サブレーなど買い、バースデイケーキの予約をする。小説少し書く。第3部に入る。

 

1992年12月30日 水曜 はれ 

妻、長男と生協で買い物、大混雑。ワットマンにて長男のサンヨー製ラジカセ買う。1万8千900円也。熊楠の「十二支」、プラトンを読みすすむ。ムクと熊野神社まで散歩しているときに、NYのアルゴンキンホテルに最後のモヒカン族の亡霊が出るという小説のアイデアを得たが、ものにならず。

 

1993年12月30日 木曜 はれ 

風邪治り、床上げしたが腰骨を痛めたので妻の運転で逗子の整体外科へ行く。次男は同窓会、長男は驚くべきことに一人で横浜伊勢佐木町へ行って帰ってきた!

 

1994年12月30日 金曜 くもり 寒

妻、長男とイトーヨーカ堂へ行き、形状記憶シャツ4枚(4万9千円を2割引き)、1万4千円のコートを買う。長男と昼寝。Y嬢のカード来る。ムクと散歩がてら泉水橋の斎藤電機まで8百円の延長コードを買いに行く。次男は遊びに行ってまだ帰宅せず。

 

1995年12月30日 土曜 はれ 

少し風あり。午前ガラシ拭き。ムクと太刀洗いまで散歩。午後ムクの小屋の屋根を妻がラッカーで吹き付け。LDでプッチーニの「外套」をみて感動す。坂本さんのひろし君発作で大船駅にて倒れたり。「年取りてもしわれにこの悲劇ありせば、汝もっていかんとなす」と妻言いき。

 

1996年 12月30日 月曜 快晴

再びHMVにて6枚3千円のCD買う。残念ながら欲しかったベルクは売り切れなりき。妻と生協で買い物。ペルーの人質依然100名残れり。

 

1997年 12月30日 火曜 雨 寒

久しぶりに終日の雨也。早朝5時に次男帰宅。部屋は酒の匂い残れり。雨の合間に盲目のムクと太刀洗いへ散歩。トリュフォーの「日曜日が待ち遠しい」をみた。

 

1998年 12月30日 水曜 はれ

今日フトンを干すてふ天の香具山。ランボーの「エレガンス、サイエンス、バイオレンス」と昨夜見たL.ウオーレンなる黒人の夢に触発されて小説のコンテが出来た。

 

1999年 12月30日 木曜 曇

シーツが干されている。どうにも原稿が進まないのでいらだつ。家では妻と息子の余に対する評価は下落する一方なり。ユニオンでもち米と小豆、島森でアドレス帳買う。途次、滑川のほとりの桜が見事だった家が無惨に取り壊されていた。清川病院の隣で北条義時の住居跡が堀り出されているらしい。

 

2000年12月30日 土曜 くもり 寒

終日仕事部屋を掃除する。次男は仲間と養老の滝で忘年会で朝3時に帰り、10時から大木君宅でもちつき大会。入院中の森君は気の毒にもほとんど眼が見えないという。

 

2001年12月30日 日曜 はれたりくもったり 

PCソフトをすべて記録し、妻のPCに移す。これでOSの大掃除が可能になった。メールにて年賀の挨拶もできるだろう。

 

2002年12月30日 月曜 くもり 

今日も駅まで歩いたが、小町通りの藝林荘はやっていなかった。6万8千円の谷崎全集を買いたかったのだが。長谷の古書店で山田美妙の「大日本辞書」が出るかと尋ねたが出ないという。

 

2003年12月30日 火曜 晴

朝は妻長男義母と私の4人で生協で買い物。大賑わいなりき。午後は浄明寺の回天歯科にて神経を抜いたあとの手入れ。次回は来年の4日なり。次男は元旦に帰宅すると。

 

2004年12月30日 木曜 はれのちくもり 

文芸社リライト終了。スマトラ津波被害者10万人超すという。うち日本人18名。奈良で幼児殺害犯人が捕まる。¥清子さん都庁黒田氏と婚約。次男がキャシュカード、免許証入りの財布を落とす。ばかたり。

 

2005年12月30日 金曜 はれ時々くもり 

終日講義の準備。熊野神社から果樹園を廻って散歩する。長男依然として熱が出る。

 

2006年12月30日 土曜 はれ

昼前に親戚来たりて一緒に御餅つきの準備をする。イラクフセイン大統領の死刑が執行された。

 

2007年12月30日 日曜 晴 風強し

1階と2階を掃除する。妻は車を掃除する。次男は帰宅せずに制作に励むらし。

 

2008年12月30日 火曜 はれ

妻と一緒にはじめて車の掃除をする。長男が昼寝の後で熊野神社に散歩に行くと言ったが、もう遅いからとやめさせた。

 

2009年12月30日 水曜 くもり

妻は朝から買い物、ガソリン、メンテと大忙し。倒れないでくれえ。3時半に長男と熊野神社へ行く。

 

2010年12月30日 木曜 曇

正月の代わりに親戚の人たちが十二所にやって来る。

 

2011年12月30日 金曜 晴

お隣のひっこし。車が2台やって来てあらかた荷物を運んで行った。なかなかお洒落なサーファー夫妻だったから、突然の転居はち残念。小坪の海の近所へ越すという。家族4人で熊野神社まで散歩したが、妻は太刀洗までで引き返したり。

 

2012年12月30日 日曜 雨

3人で生協までお正月の買い物に行きました。日経歌壇で震災地からやってきた芝犬次郎の歌が年間20作中の第2席に入る。穂村弘氏の選なり。君はどんな目に遭ったのと尋ねてもただ手を舐めるだけ被災地からの犬 蝶人

 

2013年12月30日 月曜 はれ

妻だけが大掃除で大活躍。余はブログで大活躍。熊野神社散歩。

 

2014年12月30日 火曜 晴れたり曇ったり

夜、次男帰宅す。

 

2015年12月30日 水曜 おおむね晴れ

昨夜の八重樫vsメンドサ選手のライトフライ級タイトルマッチは、双方が死力を尽くして殴り合うという文字通り血湧き肉躍る感動的な試合だった。昨年の大晦日に苦杯を浴びた八重樫が、一年の荒行と雌伏の後に約束通りチャンピオンベルト妻に贈った時には、思わず涙が出たが、健闘空しく敗れた若き元チャンピオンが、八重樫の子供や妻君にも祝意を表す健気な姿にも真のスポーツマンシップの発露を見る思いで、波乱多き2015年の掉尾を飾るにふさわしい名勝負に心の中が洗われ、「さあ、俺っちも頑張るぞ」と思いを新たにしたことだった。

涙といえば、今年はさとう三千魚さんが主宰する「浜風文庫」で、鈴木志郎康さんや今井義行さん、長田典子さんの詩を読んでいる時に、思わず熱いものがこみ上げてくる瞬間があった。有名になったあの「詩のボクシング」ではないが、詩はボクシングではないだろうか。

詩人が世の無常や自分自身の影と無我夢中で闘い続ける、そのほとんど絶望的な永久運動そのものが人々を感動させるのではないだろうか。来年は私も心から心へとなにか熱いものが伝わるような詩を、一篇でも書いてみたいと思ったことであった。

 

 

         轟々と万物流転す極月尽 蝶人

 

  35年前の日記に出てくる私は今の私とは完全な別人 蝶人

Les Petits Riens ~三十六年もひと昔

 

 

 

蝶人五風十雨録第10回「一月三十日」の巻―そんな私のここだけの話 op.225

 

 

1981年1月30日 金曜

夕方サンフランシスコ発JAL001便にて成田着。重い荷物をポーターに運ばせタクシーで鎌倉まで。やれやれと一安心。都合半月の海外旅行なりき。

 

1982年1月30日 土曜

土曜出勤。ルック雑誌広告。アデンダの大きなポスターをどうやってコピーしていいか分からない。

 

1983年1月30日 日曜 夜に雨

久しぶりに眠る。自閉症児親の会の会合をキャンセル。相模原の会員のみに電話連絡。たまには休まないと身体がもたない。息子たちと遊ぶ。

 

1984年1月30日 月曜 はれ

キリンビール訪問。だいたいそんなものよね。ベイヒルゴルフ企画で富士ゼロックス小林陽太郎氏の出演許可をもらう。

 

1985年1月30日 水曜

朝パリEHPよりゴダールが撮影を完了したと連絡あり。アニエスbでf500買い物。夜駐在所のスタッフと会食。サル・プレイエルにてラベック姉妹のコンサート。

 

1986年1月30日 木曜 はれ

三陽商会長谷川氏、博報堂、関谷氏、小学館中川氏、島本氏。夜神谷氏と串花へ。

 

1987年1月30日 金曜 はれ あたたか

8時半日比谷スカラ座にてデ・ニーロの「ミッション」。86年のカンヌでグランプリだというがやや意外。G.I.Tにて日経矢田氏と「大コクトー展」の打ち合わせ。

 

1988年1月30日 土曜 はれ 

ゆっくり起きてミラノへ発つ高市氏の自宅兼事務所に電話すれど終日繋がらず。「チャネラー」取材後小峰氏と飲む。松竹第2にてベルイマンの「シークレット・オブ・ウーマン」試写。女の生を重厚に描いた傑作。光と影が美しい。

 

1989年1月30日 月曜 

プレス伊藤君と話す。努力家なり。IN秋冬構想会。

 

1990年1月30日 火曜 くもり

大阪支店にて11時から午後7時まで店長会議。山口課長と新任営業担当のお披露目。京高フェア打ち合わせ。私は「この日、この空、この私」「体と金と男」という話をしたがあんまり説経臭のする演説は良くない。夜神戸のグリーンホテル泊。

 

1991年1月30日 水曜 

オレンジページ田坂さん来社。パスタ・パスタで昼食。「ゼロシティ」「アンポンで何が裁かれたか」をみる。

 

1992年1月30日 木曜 

本日より米国出張。ボストンは古い英国の面影を残す町でJFKの生家や寄宿舎もあった。学生街のカジュアルなショップを見学。夜はウエルカムパーテーがあった。

 

1993年1月30日 土曜 はれ

会社休みてCD三昧。妻は味噌作りや心身の疲労困憊で臥せっている。

 

1994年1月30日 日曜 はれ

ボードレールの人生はわずか46年であった。次男東京造形大の1次合格。

 

1995年1月30日 月曜 晴

第1回の全員宣伝会議。だいぶ人が減った。文春の「マルコポーロ」がアウシュビッツにガス室はなかったという記事で廃刊決定。愚かなり。

 

1996年1月30日 火曜 はれ

1792年に再建されたべネツィアのラ・フェニーチエ劇場が失火のために全焼。残念なことなり。仏シラク大統領、核実験の終了を声明。

 

1997年1月30日 木曜 晴

去年より今年の方が仕事は楽になった。次男は自動車免許を取るための合宿に出かける。

 

1998年1月30日 金曜 曇

会社は出来るだけサボるようにしている。午後新橋TCCにてMIUMIUの出る映画を観た。横浜SSDにてアルゲリッチマイスキーベートーヴェンのチエロソナタ集買う。ムク夜鳴きす。

 

1999年1月30日 土曜 晴れたり曇ったり 寒

会社休む。妻は余命2、3か月と宣告された鶴見さんに「手当て」しに行く。ムクと神社散歩。米バークシャー社から1万4千円の引き落とし請求書来る。

 

2000年1月30日 日曜 晴 暖4月のごとし ○

母と4人で宇田さんチ経由図書館。梅はどこかで咲いているに違いない。午後五反野マンションの広告コピーを書いているとようやくフリーになった気分が出てきて嬉しい。

 

2001年1月30日 火曜 晴 ○

不調。元気なし。妻やや回復すれどパソコン具合悪し。

 

2002年1月30日 水曜 晴 

小泉首相が田中外相と野上次官を更迭。鈴木宗男議運委員長を辞任。在任9ヶ月、ああいう奴でもいなくなると寂しいなあ。サライを買う。果たしてこれから仕事はあるのだろうか。

 

2003年1月30日 木曜 はれ

妻と義母、早朝より長野の親戚の葬儀に出かける。余、ようやく床上げ。ベルトリッチの「暗殺の森」みる。ドミニク・サンダは可哀想。トランティニアン良し。

 

2004年1月30日 金曜 晴 はれ

文化講義3連発。学生の新宿都庁レポートを読むとなかなか面白い。しかしコンテンポラリー講座は今日で最終回となった。困って執行さんに相談すると、織田学園というのを紹介しようといってくれる。まことに有難い恩人である。

 

2005年1月30日 日曜 はれ 暖

3人で 熊野神社へ行く。長男は岸本歯科で痛がったので、「痛かったら先生に痛いと言いなさい」というと「もう岸本歯科は行きません。チエ先生んちへ行きます」を連発。余波で箱根行きも中止となった。

 

2006年1月30日 月曜 晴 

文化最後から2番目の授業。浪間先生は週3日で7コマ持っていて、今度アンコールワットへ行くそうだ。羨ましい。新橋キムラヤでグルダベートーヴェンソナタ全集。大船ユニクロでジャケットとパンツを買う。5千円なり。

 

2007年1月30日 火曜 晴 

布団干す。果樹園へ行き写真を撮る。文芸社の仕事が来ないので頭にくる。

 

2008年1月30日 水曜 晴 暖

妻は緑の会で北条時政邸へ行った。ずっとドイツ人が保存していたのに、次に買った日本人が売りに出したという。どこからも仕事の電話なし。

 

2009年1月30日 金曜 雨

終日雨降る。今日も文芸社は来なかった。やむを得ず山口氏の仕事を下請けでやることにす。孫請けなり。

 

2010年1月30日 土曜 晴 

妻と太刀洗を散歩。お向かいのお嫁さんと会う。息子を中学校に入れるためにまた戻ってきたそうだ。疲れた顔なりき。

 

2011年1月30日 日曜 晴 初雪降れり

中央公民館の鎌響室内楽演奏会へ行ったが満員札止めのため帰宅し、CDを聴く。ハイドンの五度聴き終わり春の雪

 

2012年1月30日 月曜 晴れ

文化最終講義。これでたぶん学校は終りになるはず。

 

2013年1月30日 水曜 晴

妻と味噌を作る。午後ヤマダ電機、図書館。長男の携帯を解約す。安岡章太郎92歳で死す。

 

2014年1月30日 木曜 曇りのち小雨

ひさしぶりに栄プールで9往復す。25m×2×9=450mなり。妻は350m。

 

2015年1月30日 金曜 雨

関東は雪になりしが、鎌倉は降らず。

 

2016年1月30日 土曜 冷雨

「金目」の取り扱いを誤って辞職した甘利経済再生相の後任が、同じ「金目」発言で防災相を去った石原ジュニアとは、自民党も人材払底なり。日銀の窮余の一策「マイナス金利」導入をみても明らかにアベノミクスは破綻している。中国の景気後退と原油安で頼みの株式市況も動揺恆ならず、民草の誰ひとり景気が良くなったとは思っていないのである。内政の不安を北朝鮮のミサイルや中国の海洋攻勢を安保危機にすり替え、憲法破壊をもくろむ安倍政治に明るい未来への展望はないだろう。

ようやく冷雨が上がったようだ。

それにしても、私はいつになったら今井義行さんのような物凄い詩を書けるのだろう? いや、「今井義行さんのような」ではない。今井義行さんのように、自分らしい、自分でなければ書けない詩を、だ。

 

       ハスキルのピアノに抱かれる冷雨哉 蝶人

 

 あの病院はお前の肩を「かしわ」のように刻みやがってと祖父言えり 蝶人