読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

一族再会~短歌詩その1 「これでも詩かよ」第140番

f:id:kawaiimuku:20150412150449j:plain

 

 

ある晴れた日に 第309回

 

 

もうええわ、わたしおとうちゃんとこいきたいわというて母身罷りき 蝶人

 

 

祖父、小太郎は、「主イエスよ」といいながら琵琶湖ホテルで亡くなった。

 

祖母、静子は、急を知らせるベルを押しながら亡くなった。

 

父、精三郎は、お向かいの堤さんに頼まれた反物を運びながら、駅前の病院で亡くなった。

 

母、愛子は、寒い冬の夜、自宅で風呂上りに櫛梳りながら亡くなった。

 

愛犬ムクは、自分を山で拾ってくれた私の次男に、「WANG!」と叫んで亡くなった。

 

さて恐らく、次は私の番だ。

 

私は、どんな風にして死んでいくのだろう?

 

それを思えば、そら恐ろしい。ほんまに恐ろしい。

 

私は最後の審判にかけられたら、いったいどんなところへ行くんだろう?

 

人殺しこそやってないけど、人さまには口が裂けても言えないこともやってきた私。

 

天国になんか、到底行けそうにない。

 

絶対に行けそうにない。

 

では地獄か? 地獄に落とされるのか?

 

地獄の沸騰した釜の中で、生きたままグツグツ煮られて、閻魔さんだか大天使ミカエルだかに、ヤットコで、えいやっと舌を引っこ抜かれるのか?

 

それを思えば、そら恐ろしい。ほんまに恐ろしい。

 

ほんまに恐ろしいが、ちょいと面白くもある。

 

ワクワクするところもある。

 

あっちへ行ったら、お母ちゃんやお父ちゃんやおじいちゃんやおばあちゃんやムクに、ほんまに会えるんやろうか?

 

先に亡くなったお母ちゃんは、またお父ちゃんと一緒に下駄の鼻緒をすげているんやろうか?

 

おじいちゃんやおばあちゃんは、中庭の奥の八畳の間で、「十年連用日記」をつけたり、裁縫をしたりしているんやろうか?

 

ムクはムクゲの根方で、朝寝して宵寝するまで昼寝して、時々起きてWANGWANG吠えているんやろうか?

 

そこへ私が「ただ今」なんて、もにょもにょ言いながら姿を現すと、

みんなびっくりしたような顔をして、

「なんや、まこちゃんやないか。よう戻ったなあ!」

と、口々に声を上げるんやろうか?

 

ムクはWANGWANG鳴きながら、私に飛びついてくるんやろか?

 

そうだと、いいな。

 

そうだと、いいな。

 

ああ、ほんまにそうなら、ええな。

 

 

 五月二十日午前四時わが右腕を刺した今年初めての蚊をバシッっと叩き殺す 蝶人