読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

八月の歌~「これでも詩かよ」第156番

f:id:kawaiimuku:20150511161637j:plain

 

 

ある晴れた日に 第330回 

 

 

いやさか、いやさか

葉月になれば、

ものみなすべてが、帰ってくる。

みんな、みんな、帰ってくる。

 

朝から高らかに鳴き誇るのは、クマゼミ、ミンミン、アブラゼミ

負けじと声を合わせるのは、ニイニイ、ヒグラシ、ツクツクボウシ

みんな、みんな、帰ってきたんだ。

去年のやつらが、帰ってきたんだ。

 

滑川には、毎度お馴染みのカモのカップルに加えて、

大亀のドン太と息子のドン太郎、

久しぶりに青鷺のザミュエルも姿を見せて

みんな、みんな、ブルームーンを見上げています。

 

いやさか、いやさか

葉月になれば、

ものみなすべてが、帰ってくる。

みんな、みんな、帰ってくる。

 

八月二日の夜七時

三つの連続台風で由比ヶ浜に流された、と諦めていたら

オオウナギのウナジロウが、帰ってきたんだ。

懐かしい故郷の川に、帰ってきたんだ。

 

「おいウナジロウ、小町の鰻獲り名人の爺さんの手から逃れて、よく戻ってきたな」

と声を掛けると、

天然ウナギのウナジロウは、夜の滑川でくねくね、くねくね泳ぎながら、

いつものように軽やかにジャンプしてみせたんだ。

 

いやさか、いやさか

葉月になれば、

ものみなすべてが、帰ってくる。

みんな、みんな、帰ってくる。

 

もうすぐお盆

耕君の弟の健ちゃんも、

久しぶりにおうちに、帰ってくるでしょう。

亡くなったおじいちゃんやおばあちゃんも、

手に手をとって、帰ってくることでしょう。

 

いやさか、いやさか

葉月になれば、

ものみなすべてが、帰ってくる。

みんな、みんな、帰ってくる。

 

 

   コンビニに三浦西瓜がわんさか並び湘南の地に盛夏来たれり 蝶人