読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

十一月の歌

f:id:kawaiimuku:20151129082844j:plain

 

ある晴れた日に 第347回

 

朝から晩まで風が吹き

ムクロジの葉っぱが落ちる

実も落ちる

 

太郎には太郎柿、次郎には次郎柿、

宮部みゆきには太郎次郎柿

ゲゲゲの鬼太郎には輝太郎たもれ

 

紫式部には西村早生柿、清少納言には高瀬柿

和泉式部には越前柿

熟熟熟柿は柿右衛門にたもれ

 

早秋柿、新秋柿、愛秋豊 

伊豆柿、陽豊柿、天王柿

ムクドリヒヨドリ、木守柿

 

平核無柿、蓮台寺

鳥も喰えない祇園

老い先短い鴉には老鴉柿たもれ

 

見よ大木家の塀の上

棘で固めた柊の

白き小さな花馨る

 

源義経には甲州百目柿、武蔵坊弁慶には大富士柿

佐々木小次郎には夕紅柿、

宮本武蔵には葉隠柿たもれ

 

紀の川柿、刀根早生柿、西条柿

富士柿、鶴の子柿、四ツ溝柿

トンビは瞑想に耽ってる

 

芭蕉には富有柿、蕪村には愛宕

正岡子規には御所柿

山頭火には市田柿

 

漱石には太秋柿森鴎外には横野柿

三島由紀夫には花御所柿

ドナルド・キーンにはシャロンフルーツ

 

庄内、八珍、おけさ、まっくろ黒柿

とっておきの渋渋渋柿三百個

超腹黒い安倍蚤糞へたもれ

 

朝から晩まで風が吹き

ムクロジの葉っぱが落ちる

実も落ちる

 

 

  美味そうな柿がいっぱいなっている鳥が寄らぬは渋柿のあかし 蝶人