読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

西暦2015年霜月蝶人花鳥風月狂歌三昧在庫処分編その9

f:id:kawaiimuku:20150804141312j:plain

 

ある晴れた日に 第351回

 

 

一億を総活躍させるというその一億にどうか私を入れないでください

 

施設なる四十一歳の息子から「お父さん大好きですお」と電話が掛かる

 

格別に見たいとは思わない平成39年に建つと云う日本最高ビル

 

なんとなく先に逝く人が羨ましいそんな時代に生きてる僕たち

 

プードルの薄茶の巻き毛の幾束が風に吹かれて空に舞いおり

 

何十年知らんぷりしていた近所の人に突然挨拶するようになったりもする

 

国がそう出るなら俺っちはこっちを行くぜ

 

本当はわしゃもう知らん勝手にしろと言いたいところだが

 

空は晴れたが心は闇だ。杉作、日本の夜明けはまだまだ遠いのお。鞍馬天狗

 

飽食の時代はますます深まりゆきまた一人ビア樽ダルポルカが街をゆく

 

道端に転がっていた栗の実が今日のわが家の晩御飯となる

 

ひともとの栗の大樹の有難さ今夜の御馳走を降らしけり

 

今日もまた電柱の上に鎮座して大谷戸を統べる一羽の鳶

 

なにゆえにヤクルトはこんなひどい投手に投げさせるおかげで試合は滅茶苦茶じゃないか

 

イチローに安打が出ないと暗くなる私もアメリカと戦っているんだ

 

知ることと忘れることとどちらが大切わきまえる歳となりけるかも

 

詩は鈴木志郎康短歌は奥村耕作私叔する二人を得たるわが晩年の仕合わせ

 

このまんま息子とガードレールにぶつかって死んでも構わないという気持ちになったと妻は言いけり

 

知らぬ間に誰かが私を見つめている数限りなき防犯カメラ

 

私は後退できません後退するときは誰か誘導して下さいと大書せしトラック

 

熱戦をついに制した若者が人差し指を天に突き上ぐ

 

 

  熱海にも鎌倉にも支局持つNHKの人の多さよ 蝶人