読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

十二月の歌

f:id:kawaiimuku:20150823080330j:plain

 

これでも詩かよ第164番~ある晴れた日に 第353回

 

朝には、朝の歌をうたおう

昼には、昼の歌を

夕べには、夕べの歌を

真夜中には、真夜中の歌をうたおう

 

春には、春の歌をうたおう

夏には、夏の歌を

秋には、秋の歌を

十二月には、十二月の歌をうたおう

 

うれしい時には、喜びの歌をうたおう

悲しい時には、嘆きの歌を

怒り狂った時には、憤りの歌を

寂しい時には、慰めの歌をうたおう

 

少年よ、金の歌をうたえ

青年よ、銀の歌をうたえ

壮年よ、銅の歌をうたえ

そして私のような老人は、見果てぬ夢の歌をうたうのだ

 

まっしぐらにカシオペアを目指す、一羽の夜鷹になって

 

 

 いくら野良犬でも解剖してはいけません綾部高校生物クラブ 蝶人