読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

忘年会~これでも詩かよ第166番

 

 

ある晴れた日に 第357回

 

 

詩人、詩人、詩人

詩人だって忘年会をひらく。

さとう三千魚さんの「浜風文庫」の忘年会だ。

 

詩人、詩人、詩人

夜の神田の「葡萄舎」で

詩人だけの忘年会さ。

 

ちょっと早く来すぎたので、駅から歩いて鎌倉橋へ。

1944年11月、この橋を米軍機が爆撃したんだ。

よって33個の弾痕が残ってる。

 

さてお立ち会い、今からザッと半世紀近く前

私は鎌倉河岸のほとりに建つ、小さな会社に通ってた。

五階建ての、小さな、小さなビルだった。

 

今宵、その跡地を訪ねてみると、

巨大なビルが建っていた。星なき夜空に、聳えてた。

コープビルという立派な、立派なビルジング。

 

「もしや昔ここにあったRという会社をご存知ですか?」と尋ねると、

守衛さんが「はい、名前だけは聞いたことがあります」と答えたので

ああ、これだけでも神田へ来た甲斐があった、と私は思った。

 

詩人、詩人、詩人

詩人だって忘年会をひらく。

10人集まる忘年会さ。

 

さて「葡萄舎」を目指したが、

何回地図を眺めても、さっぱり場所が分からない。

煙草屋のおやじに尋ねたら、「葡萄舎」なんてわしゃ知らん。

 

知らん、知らん、知らん

「葡萄舎」なんて、わしゃ知らん。

忘年会なんて、わしゃ知らん。

 

さんざめく交差点の信号の下で、

キョロキョロ辺りを見回していたら

「おにいさん、どこいくの、あそばない、ね、あそびましょ」と誘われちゃった。

 

「あそびたいのは山々だけど、これから忘年会であそぶんだ」と答えたら

「そんなのやめて、あたいと遊びましょ。3千円、3千円、3千円」

って、言われちゃった。ちゃった。ちゃった。

 

うんにゃ、いま冷静になって思い返してみるに、

「3千元、3千元、3千元」と言ってたかも。

3千元は高いかも。ちよっと、ちょっと、高すぎるかも。

 

「おらっちは、これからどうでも詩人の忘年会へ行くのだ」と宣言したら、

ちょっと綺麗な上海帰りのルリちゃんは、

あっと言う間に、伊集院光似のリーマンの方へ飛んで行っちゃった。

 

ちゃった。ちゃった。ちゃった。

「葡萄舎」なんて、知らないわ。

詩人なんて、知らないわ。

 

ちゃった、ちゃった、ちゃったって、

我が敬愛する詩人、鈴木志郎康さんの極私的パクリなんだけど

ネエちゃん、分かってくれるよね。

 

詩人、詩人、詩人

詩人だって忘年会をひらく。

さとう三千魚さんの「浜風文庫」の忘年会だ。

 

詩人、詩人、詩人

夜の神田の「葡萄舎」で

これから詩人の忘年会さ。

 

 

 レッツダンス!などと煽ってはいたが踊りは得意じゃなかったなボウイ 蝶人