読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

ゼイディー・スミス著「美について」を読んで

f:id:kawaiimuku:20150921145301j:plain

 

照る日曇る日第837回

 

 

 正月早々、中身の濃い小説を堪能しました。ジャマイカ人の母とイギリスの人の父を持つ1975年生まれの美貌のハイブリッド作家が「ハワーズ・エンド」を顕彰してあらわした本格小説です。

 

 ボストン近郊の大学町を舞台に、レンブラント研究家の白人と黒人の教授一家のいずれ劣らぬ一騎当千の面々が、人種、血族、資産、政治、思想、階級、青春、美学、宗教、教養、文化基盤などの違いをむき出しにしながら、対立と相克、そして微かな相互理解の極限まで突き進んでいくという血湧き肉躍る文化&精神&肉体衝突小説ずら。

 

 特に面白いのは、いい歳こいたデブ腹プロフェッサー2人が、表では格調高い美術論や政治思想を唱えて偉そうに対峙しながら、裏では同僚や若い美人学生(あろうことかライバルの娘)にひっかかって劣情を満たしたり、それが妻君にばれて離婚騒ぎがもちあがったりして、くまさんはっさん的なドタバタ劇を演じるカタストローフで、その周章狼狽ぶりをほくそ笑みながら描破する著者のペンは、純文学作家のモンブランではなく漫画家のGペンである。

 

 物語にはボストンの町並みや文化的風土、レンブラントの絵画やモザールのレクイエム、流行のラップ・アーテイストなどについての注目すべき見解も随所にちりばめられ、さながら著者が尊敬するE・M・フォスターの「ハワーズ・エンド」のように威風堂々と進行する。

 

 しかし初めは処女のようだった小説が、脱兎のごとく終盤に突入するやいなや、絵画盗難事件の詳しいなりゆきや、両教授の最終的対決の現場中継をいっさい放棄して、さながらハリウッド映画のハッピー・エンディングのストップショットのような、「あとは皆さん宜しく察してくださいよ」的な「ええかっこしい」の終わり方をするのは、いったいどういう風の吹きまわしなんじゃろう。

 

 恐らくこの作品を見せられた「ニューヨーカー」の編集者などが、「スミスさん、これは「明日に向かって撃て!」みたいなストップモーションの大写しで終わらせると洒落てまっせ」などと余計なアドバイスをして、それをうぶな彼女が素直に受け入れたからに違いない。

 

 されどこの小説の登場人物に内蔵されている物語の膨大なマグマは、まだ全く外部に解放発散されておらず、少なくともこの2倍の長さを持つ長編小説でなければ本当の終焉を迎えるはずがないことは、小説好きの読者ならただちにみてとることができよう。

 

 試みに著者に問え。「君はすべてを書き切ったのか」と。彼女は必ず「ノオ!」というだろう。

 

 かくて哀れ永久に未完と成り果てた本作は、断じてニューヨーカー誌のお好きないかした短編小説ではなく、ああ堂々の素晴らしき21世紀全体小説として閉じられるべき未必の運命、それにふさわしい内容と原核を保持していたのであったあああああああ。

 

   三千円国境なき医師団に寄付せし妻よ幸多かれ 蝶人