読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

アンソニー・マン監督の「テレマークの要塞」をみて

f:id:kawaiimuku:20150926151259j:plain

 

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.973

 

 

目前に迫ったナチスドイツの原爆装置を破壊しようとするカーク・ダグラスやノルウエイーのパリチザンたちのヒロイックな活躍を描く。

 

原爆装置を載せたフェリーには当然テレマークの市民も大勢乗っているのだが、それでももろともに爆破する作戦には私なら絶対に同意できない。

 

それにしても1960年の「スパルタカス」でプロデューサーのカーク・ダグラスに解任されたアンソニー・マンはどういう気持ちで5年後のこの映画を演出したのだろう。

 

 

 なにゆえにマーラーの二番を二枚組にするCD一枚に収められるのに 蝶人