読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

フレッド・ジンネマン監督の「わが命つきるとも」をみて

f:id:kawaiimuku:20150927130456j:plain

 

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.975

 

 1966年の英国映画でヘンリー8世(ロバート・ショウ)に斬首されたトーマス・モアが主人公ずら。

 

「わが命つきるとも」はいい邦題であるとは思うが「わが命尽きるとも」と漢字にしなければ意味が通じないだろう。

 

 チューダー王朝を存続させるために6人の王妃をとっかえひっかえしたヘンリー8世のような好色漢に対して、いくら「筋目」を説いても聞き分けられようもない。

 

 信念を貫き通して毅然として死んでいったモアを(ポール・スコフィールド)が好演している。

 

 ぼうと眺めていても誰も気づかないと思うが、ウルジー枢機卿役にオーソン・ウェルズが出ている。

 

 

   耕君の区分判定は4なるが5を目指して検査に行きけり 蝶人