読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶人戯画録

毎日お届けする文芸、映画、エッセイ、詩歌の花束です。

共和国について~これでも詩かよ第165番

f:id:kawaiimuku:20150904174408j:plain

 

ある晴れた日に第354回

 

 

ある朝、アベ独裁体制にドタマに来たイシバ地方創生相が突如逆上した。

 

ギャクジョー、アタマニキタジョー、アシタノジョー。

 

「どこへ行っても地方は全部死んでる。どんな田舎でも国が助けてくれることだけを期待している。オラッチはもう知らん、シラン。お国のあてなんかに期待せずに、あんさん自主独立して勝手にやってみなはれ!」

 

すると「ああそうですか」というて、岩手県上閉伊郡大槌町が1982年の独立宣言を33年振りに更新し、改めて新キリキリ国として独立した。

 

キリキリ、ギリギリ、キリギリス。

 

その翌日、「よおーし、そおゆうことなら}というて、

普天間基地問題で業を煮やしていた翁長沖縄県知事が、日本国からの独立を宣言し、

琉球共和国」として生まれ変わった。

 

するとその翌日の翌日、なんたら維新の連中が、選挙で大勝した勢いに乗って「てなもんやおおさか狂騒国」なる新都市国家を樹立した。

 

カワッタ、ワカッタ、キョウワコク。

 

それからしばらくして、オラッチの在の十二所村が、村民二百名の総意で独立した。

 

ドクリツ、コクリツ、ドクリツコウドウタイ。

 

あとは一瀉千里だった。

 

イッシャセンリ、サクライセンリ、センノリキュウ。

 

かのリヴァイアサンのごとき怪物に成りあがった新日本帝国から、離脱する市町村共同体が相次ぎ、この国はあアッというまに三々五々、四分五裂さ。

 

アラアラアラ、サンザンブンレツ、リヴァイアサン

 

で、なにが起こったって?

 

帝国は、たちまち徳川家不在・天皇家不在の江戸時代三百藩体制

のような独立国割拠の状態に逆戻り、

民草は、思い思いの憲法と政治経済社会体制を選んで、

末永く、それなりに仕合わせに暮らしましたとさ。

 

うむwmwm、ソレデイイノラ、ソレデイイトモ。

 

 

         基督も博士も見えず聖夜祭 蝶人